アーティスト

宮島達男ー時の海に自宅からオンライン参加。

宮島達男さんが構想した「時の海ー東北」 プロジェクトにおうちから参加してみました。

写真引用:

https://congrant.com/project/seaoftime/1490

現代美術家宮島達男さんとは

・1957年東京都生まれ
・東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了
・88年のヴェネチア・ビエンナーレで若手作家部門「アペルト」参加《Sea of Time》
・99年の第48回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家《MEGA DEATH》
LED(発光ダイオード)を使用したデジタルカウンターを使って、時の流れや生と死をテーマにしたインスタレーション作品を多く発表しています。

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/29 06:09:16時点 楽天市場調べ-詳細)

時の海ー東北プロジェクトとは

このプロジェクトは宮島達男さんが東日本大震災の記憶をとどめる作品をと思い被災地を巡った際に
誰も海へ対する恨み言を言わなかったことから着想したそうです。
海をイメージした水の中にそれぞれがタイム設定したカウンターを入れて時を刻む。
あのとき、あの人に会いに行く、あのときの私に会いに行くという作品で
被災地を中心として3000人に行ってもらいひとつの作品にしていきます。
2017年に開始して2027年完成予定だそうです。

参加方法

定期的にワークショップが行われていますが、オンラインで申し込み、
カウンターのタイム設定をしてもらうことも出来ます。

・参加条件
プロジェクトの趣旨をご理解いただける東日本大震災で被害を受けられた地域の方やその関係者の方、そして、未来を担う東北の子どもたち、あるいは、東北や震災への思いを強く持っておられる方

・数字設定について
あなたの想いのある数字を記入してください。数字は0.1ずつ設定可能。
0.2から最大120.0までの範囲で設定出来ます。例えば、あなたの誕生日や好きな人の思い出の数字などです。2011年2月3日生まれなら、112.3と記入してもいいでしょう。あなたの設定した数字の速度のLEDカウンターが一つ作品に加わります。

プロジェクトに参加する

いつかワークショップにと思いつつ、このタイミング。
もうすぐ震災から10年です。当時福島に住み地元が宮城の私。
もちろん色々大変なことはありましたが、今生きているだけで何も言えない。
そんな気持ちでいましたが、カウンター設定を期にまた深く掘り下げて向かい合うことが出来ました。

支援や場所の提供について

こちらのプロジェクトまだ資金不足であったり、最終的に展示する太平洋を臨む場所が見つかっていないそうです。
寄付や土地もまだまだ募集中とのこと。
自分も参加したことで、心がきゅっとなる思い入れのある作品となりそうなので是非完成してほしいです。

プロジェクトに参加する

書籍

宮島達男さんの書籍「芸術論」こちら私も購入して定期的に読んでいます。
アーティストの言葉を読むと作品の見方がまた一つ増えて楽しいですね。
おうち時間のおともに是非。

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/29 06:09:16時点 楽天市場調べ-詳細)


おうちでアートを楽しむ際の参考になれば幸いです。




ABOUT ME
naomiracleart
芸術で日常や旅がもっと楽しくなるヒントをお届け。 アート巡り・建築探訪・バレエ鑑賞が好き。 美しい作品・空間を求めて。本を読むようにアートにふれたい。